パレスチナのオリーブオイル:75年の占領に抗して世代を超える富を築く

パレスチナのオリーブオイル - NABLUS SOAP ナーブルスソープ

1967年以来、イスラエルはヨルダン川西岸で少なくとも80万本のオリーブの木を根絶してきた。数十年にわたり、オリーブの木はパレスチナの詩人たちの主題となってきました。彼らはイスラエルの残虐な占領の背景で故国への愛を詠み、オリーブの木を賛美してきました。

 

有名なパレスチナの詩人マフムード・ダルウィーシュは、多くの詩の中でオリーブの木を賛美し、その中の1つの詩の中で女性として擬人化し、彼はそれを「泣かずにも笑わずにいる」と表現し、「遠吹く嵐の前で葉を落とさない、その謙虚な斜面の陰にある」と描写しました。

 

過去75年間、パレスチナのオリーブの木は、イスラエルによって行われたあらゆる恐怖の証人として立ち、土地と人々にその提供するすべて、特にオリーブオイルを通じて養われてきました。

 

イスラエルの占領による大量の財産喪失により、母国から遠く離れて育ったパレスチナ人の世代がいますが、オリーブオイルは場所に関係なく、パレスチナの家庭すべてで必需品となり、世代から世代へと受け継がれ、故郷の思い出を常に思い起こさせる富となっています。

 

カタールに住む32歳のパレスチナ人、ラナ・アル・カティブも、故郷から遠く離れて育ち、イスラエルによって強制的に追い出された祖父母の物語を受け継いでいます。アル・カティブの祖父母は1948年にパレスチナから歩いて隣国に追い出された何十万人の一人でした。
「オリーブオイルは神聖であり、私はエネルギーを信じています。プロセスの各段階が私たちが実際に摂取するものに違いをもたらすと信じています。このオイルは聖なる地からのみ供給されるだけでなく、最も美しい土地から来ています」とアル・カティブは語りました。

 

サファドとアッ=リドに住む45歳のパレスチナ人で有名なシェフ、ジュディ・カラも、シリアの難民の両親のもとで生まれ、4歳の時にカタールに移住した後も、母国の農民に利益をもたらすザイトウンという会社からパレスチナのオリーブオイルを購入する方法を見つけています。
「オリーブオイルは単なる油ではなく、その象徴性も重要です。それは私たちのルーツであり、私たちにとっていかに意味のあるものであるかを示しています。オリーブオイルは食べ物にかけるもの以上のものであり、それは私たちに故郷とのつながりを取り戻させる歴史の源です」とカラは語りました。

 

アメリカに住む27歳のダイアラ・ギニムも、パレスチナ系アメリカ人のヨルダン人で、近くの食料品店が彼女の家族にいつもパレスチナのオリーブオイルを供給していると語りました。

 

「子供の頃、私はよく父親と一緒にスーパーマーケットに行って、パレスチナのオリーブオイルを探しました。それが遠くに行くことを意味したり、パレスチナのオリーブオイルにもっとお金を払うことになるとしても、私たちは今でもパレスチナのオリーブオイルに忠実です」とギニムは語りました。

 

若いパレスチナ人であるヌール・マゼンは、彼女の育ちにおいてオリーブオイルが重要な要素でした。彼女が学生だったとき、彼女のメインの昼食はパレスチナ産のオリーブオイルとザータル(タイム)を使った味わい深いサンドイッチでした。
「私は学校に行くたびにザータルとオリーブオイルのサンドイッチを持っていきました。私はそれで有名です。誰かが「ヌールって誰?」と尋ねると、「ザータルとオリーブオイルを食べる人」と答えられるでしょう」と彼女は語りました。

 

抵抗と存在

パレスチナは世界最古のオリーブの木の生育地であり、その中には4,000年以上もの歴史を持つものもあり、世界中のパレスチナ人にとって重要な文化的意義を持っています。
オリーブの木は乾燥に強く、悪条件下でも成長することができるため、数十年にわたる占領下で生き抜くパレスチナ人を形容するのによく用いられる特徴です。これらの木は世代から世代へと受け継がれ、収穫のシーズンが始まる10月まで花開くのを待たれます。

 

パレスチナでは、ヌール・マゼンの家族は畑に向かい、オリーブを木から摘み、海外に住む家族のために準備します。
彼女の家族がパレスチナのオリーブオイルとオリーブの在庫がなくなったのは、Covid-19の間、貿易と旅行が中断されたときだけでした。
「収穫シーズンには、私たちの家族が毎年オリーブを収穫し、押しつぶします。私のいとこたちが手作業で切り分け、詰めて家族の残りの人々に配ります」と若いパレスチナ人は語りました。

 

オリーブの木が象徴するように、イスラエルは収穫シーズンに農民を襲いながら植物を根絶しようとすることが知られています。イスラエルの入植者は武装した部隊に支援され、農民のアクセスを妨げ、彼らの緑の宝石に迷惑をかけます。

 

2012年にパレスチナ自治政府とエルサレム応用研究所が発表した研究によれば、イスラエルは1967年以来、少なくとも80万本のオリーブの木をヨルダン川西岸で根絶しています。

 

カラは言いました。「私たちの伝統を守り続けることの重要性、パレスチナの家族がどのような困難を経験したか、入植者によるパレスチナのオリーブの木の抜根が何千年にもわたる歴史を台無しにする様子を考えると、オリーブの木にはさらに多くの意味があります」。

パレスチナのオリーブオイル - NABLUS SOAP ナーブルスソープ

 

日常の必需品

パレスチナ人は、日常的にこの緑の宝を消費することで、自分たちのオリーブオイルが独特で味と品質において優れていると信じています。

「個人的には、これに似たものを試したことがありません。新鮮で、辛くて、濃厚で、私たちの人々の手で押しつぶされているため、食べるのも摂取するのもより美しくなります。他のものも良いですが、パレスチナのオリーブオイルは別格です」とこの受賞歴のあるシェフは語りました。

 

海外で暮らすパレスチナ人のシェフであるカラは、家庭料理やスイーツに故郷のオリーブオイルを取り入れています。
しかし、この日常の必需品の使用は彼女のキッチンや料理本にとどまらず、カラは保湿剤やヘア製品、ボディソープとしても使用しています。彼女の叔母は耳の痛みがあるときにもそれを使用しました。
「彼女はオリーブオイルを温め、それに綿の球を浸し、それを排出して耳に入れました。そして奇跡的に耳が治りました。私は今でもそれをやっています。それは私の日常生活の重要な一部です」とカラは語りました。同様の感情を共有しているアル・カティブの家族も、治療目的でオリーブオイルを使用しており、土地そのものが人々に必要な薬を持っていることを示しています。2人の子供の母親として、アル・カティブは子供たちにオリーブオイルに関する本を読んでパレスチナへの愛を刷り込もうとしています。

ギニムにとっても、食べ物は家族を結びつけるもう一つの重要な要素であり、特に故郷から遠く離れた場所でアイデンティティを保持するために重要です。
「食べ物はパレスチナのアイデンティティの中核であり、週末に家族が一緒にいることは私たちが誰であるかを思い出させます」とギニムは子供時代の思い出に思いを馳せながら語りました。

 

パレスチナの文化を保存する イスラエルの土地盗用が続き、古い世代が解放されたパレスチナの記憶を持たずに死んでいく中、パレスチナの国内外の人々は文化を保存する使命を担っています。

 

民族浄化キャンペーンの下、イスラエルはパレスチナのレシピを改変し、特にフムスとしてよく知られるレバント地方の料理を自分たちのものとしてラベル付けすることまで行っています。それによって、パレスチナ人の食べ物を保存することがパレスチナ人にとって重要な抵抗行動となっています。

 

カラは彼女の仕事で、パレスチナ料理の起源について人々に教えることに取り組んでおり、他の人々に国の食べ物と文化を守るために「物語を握る」ということを呼びかけています。

 

カラは言いました。「パレスチナの食べ物は実際には私たちの占拠者によって抹消されているので、私たちは国の美しさ、食べ物、歴史、ルーツに固有の美味しさを人々に目を開かせる方法でこれに立ち向かわなければなりません」。

 

占領された土地のオリーブの木はイスラエルの犯罪の証人であり続ける限り、その根が一つの国をまとめ、解放と生命のための目的に結びついていることは疑いの余地がありません。
ギニムは言いました。「解放されたパレスチナは、宗教や民族の出自に関係なく、すべての人が平等に扱われる場所です。占領や封鎖はなく、自由な移動と経済的安定があります」。

 

DOHA NEWS

関連記事一覧

  1. ナーブルスソープの歴史 - NABLUS SOAP ナーブルスソープ
  2. ナーブルスソープ NABLUS SOAP
  3. パレスチナ セラミック 食器 - NABLUS SOAP ナーブルスソープ
PAGE TOP
error: Content is protected !!