死海について

死海 - NABLUS SOAP ナーブルスソープ

死海(Dead Sea)は、南西アジアのイスラエルとヨルダンの間に位置する内陸の塩湖です。
アラビア語ではアル・バフル・アル=マイユート(「死の海」)、ヘブライ語ではヤム・ハメラハ(「塩の海」)とも呼ばれ、塩海とも呼ばれています。

東岸はヨルダンに属し、西岸の南半分はパレスチナに属しています。西岸の北半分はパレスチナの西岸に位置し、1967年のアラブ・イスラエル戦争以来、イスラエルの占領下にあります。死海にほぼすべての水を供給するヨルダン川は、北から湖に流れ込んでいます。

 

死海 地図 - NABLUS SOAP ナーブルスソープ

 

死海は地球上で最も低い標高を持ち、地表の最も低い水域です。
20世紀中盤まで、湖の水面の標高の標準値は海面下約1,300フィート(約400メートル)でした。しかし、1960年代から、パレスチナとヨルダンはヨルダン川の流量を大幅に減らし、湖の水を商業目的で使用することを増やしました。
これらの活動の結果、死海の水位は急激に低下しました。2010年代半ばまでには、湖の水位は20世紀中盤の数値から約100フィート(約30メートル)低下し、つまり海面下約1,410フィート(約430メートル)となりましたが、湖の水位は年間約3フィート(約1メートル)ずつ減少し続けています。

死海は、西側にユダヤの丘陵、東側にトランスヨルダンの高原の間に位置しています。水位が下がる前、この湖は約50マイル(80キロメートル)の長さを持ち、最大幅は11マイル(18キロメートル)で、表面積は約394平方マイル(1,020平方キロメートル)でした。リサン半島(アラビア語で「舌」を意味する)は東側で湖を二つの不均等な盆地に分けており、北部盆地は湖の総面積の約3/4を占め、最大深度は1,300フィート(約400メートル)に達し、南部盆地はより小さく、平均で10フィート(約3メートル)未満の浅さです。聖書時代から8世紀まで、北部盆地周辺の地域のみが人が住んでおり、湖の水位は現在よりもわずかに低かったのです。

1896年には最高水位である海面下1,275フィート(約389メートル)に達しましたが、1935年以降再び減少し、数十年間は海面下約1,300フィート(約400メートル)で安定しました。

 

20世紀末から21世紀初頭にかけての死海の水位の低下は、その外観を変えました。
特に目立つのは、リサン半島が徐々に東方に広がり、湖の北部盆地と南部盆地が乾燥地帯で分離されるようになったことです。
さらに、南部盆地は次第に数十の大規模な蒸発池(塩の採取のため)に分割され、21世紀には実質的に自然の水域ではなくなりました。北部盆地(実際の死海となった)は、周囲の地形から急激に下降する岸辺のため、大量の水を失ったにもかかわらず、その全体的な寸法をほぼ保持しました。

 

関連記事一覧

  1. 死海の泥 - NABLUS SOAP ナーブルスソープ
  2. ティーツリーオイルの美容効果 - YOUR ORGANICS
PAGE TOP
error: Content is protected !!