ナチュラル石鹸の使い方 - ナーブルス・ジャパン - オーガニックソープ

ナチュラル石鹸の使い方 – 溶かさないで長持ちさせるコツ

ナチュラル石鹸の使い方 – 保管方法によっては長持ちします。

石油系合成界面活性剤と違って、ナチュラル石鹸には添加物が入っていないため、衛生的に保管しながら使用する必要があります。

通常の石鹸には、泡立ちや洗浄力を高めたり、香りや色味を出すために添加物が入っています。防腐剤(パラベン)は、アレルギー等を引き起こしたり、皮膚炎等の皮膚トラブルを起こす危険性があります。しかし、ナチュラル石鹸には、防腐剤(パラベン)が入っていません。

また、ナチュラル石鹸に含まれる天然保湿成分(グリセリン)は、溶けやすい特徴を持っています。防腐剤不使用で、天然保湿成分が含まれたナチュラル石鹸は、ぬるま湯で溶けやすいため、雑菌が繁殖する恐れがあります。

最後まで清潔な状態で使い切るために、保管方法に注意を払う必要があります。

 

 

ナチュラル石鹸の使い方 – 泡をたてる

泡立ちの良い石鹸やボディーソープに慣れている方は、泡立てネットで泡立てて使用するのがおすすめです。お肌の繊細な方は、タオル等を使わずに、石鹸を十分に手のひらにつけ、お肌を撫でるように洗い流してください。目に入ったときは、必ずすぐに洗い流してください。

 

 

ナチュラル石鹸の保管場所 – 雑菌を繁殖させない・溶かさない

日本は湿度が高く湿気もあり、更に湿気があるバスルームは雑菌が繁殖しやすい環境となっています。特に、防腐剤が含まれていないナチュラルソープは水に溶けやすいので、温度差のない直射日光を避けた風当たりの良い場所で保管をして下さい。
脱衣所等の浴室外に置くのがベストですが、浴室内に置く場合は、水切りができるスポンジの石鹸置き・石鹸ケース・ネットタイプの石鹸入れがおすすめです。窓側に置くのがベストです。
※蓋付きの石けんケースの場合は、蓋を取って置いて下さい。

 

ナーブルスソープ

 

使用方法

1. 使用後は石鹸をすすぐ
垢や皮脂を流し、雑菌の繁殖を防ぎます。

2. 水気を切る
きちんと水気を切って石鹸についた水分をできる限り落とします。

3. 風通しの良い場所に置く
更に水気を飛ばし雑菌の繁殖を防ぎます。

石油系オイルでなく自然由来のオイルを使った防腐剤や保存料が含まれていないナチュラルソープは、空気に触れることで酸化を早めてしまいます。酸化すると変色したり匂いが変わってしまうので、品質を維持するためにも使用していないソープは箱に入れて通気性の良い場所に保管して下さい。

 

使用期限

開封後は、品質の劣化を防ぐため、正しい保管方法で保管し、3~6ヵ月以内に使いきるようにして下さい。
未開封の場合の使用期限は3年です。

 

ナーブルスソープ - 角化症 - ガサガサかかと ひび割れかかと つるつるに

冬の乾燥期の大敵 – 角化症 – かかとのひび割れ かかとのガサガサ をツルツルにする方法

冬の乾燥期に、かかとのガサガサやかかとのひび割れに悩んでいませんか?

これらの症状は、「角化症(かくかしょう)」です。皮膚の水分不足が原因で乾燥が進み、放置しているとひび割れて痛みや出血を伴います。
また、乾燥だけでなく、外部刺激によっても角化症は悪化していきます。
サイズが合わない靴を履いていたり、一日中立ちっぱなしだったり、紫外線を浴びることで角質は厚くなっていきます。
更に新陳代謝が悪くなりがちな足の裏は、ストレスや加齢により肌のターンオーバーが正常に行われなくなると、古い角質が剥がれず、そのまま蓄積されていきます。厚くなった角質は十分な水分が行き渡らないため、常に水分不足になり、ひび割れが加速します。また、雑菌が繁殖しやすい環境になります。

ナーブルスソープ - 角化症 - ガサガサかかと ひび割れかかと つるつるに

 

●足のかかとがガサガサになる主な原因

原因には以下のようなものがあります。当てはまるものはありませんか?

 

  1. 冬の乾燥や低温による乾燥肌

  2. 加齢

  3. 長時間立ちっぱなし

  4. サイズの合わない靴を履いている / ソックスを履かないで過ごすことが多い

  5. 肌の油分を取ってしまう刺激の強い石鹸を使っている

 

ナーブルスソープ - 角化症 - ガサガサかかと ひび割れかかと つるつるに

 

●足の踵のガサガサをツルツルにするケア方法

 

1. 保湿成分配合の石鹸で優しく洗浄する。

お風呂で洗浄するとき、以外と忘れがちなのが踵をしっかり洗ってあげることです。
保湿成分配合の低刺激石鹸で泡を立て、泡でやさしく踵部分を洗浄します。保湿成分配合の石鹸を使うことで、ガサガサ踵の水分不足を補います。

※刺激の強いボディーソープや石鹸が、踵の油分を取ってしまい、ガサガサの原因になっていることがあります。刺激の強いものは避けましょう。

●保湿成分が多く一番のおすすめは、ナーブルスソープ(ナチュラルオリーブオイル)です。
●足裏の臭いが気になる方は、ナーブルスソープ(タイム)がおすすめです。

ナーブルスソープ - ナチュラルオリーブオイル - 完全無添加オーガニック・ヴィーガン洗顔&ボディー石鹸

ナーブルスソープ - タイム - 完全無添加オーガニック・ヴィーガン洗顔&ボディー石鹸

2. 入浴直後に保湿をする。

お風呂上りに必ず保湿ケアをしましょう。以外とひじやかかとは忘れがちですが、一番乾燥しやすい部分です。
たっぷりと保湿クリームを塗りましょう。血行を良くしてなじませるためにも、マッサージをしながら塗るのがおすすめです。クリームは、かかと専用の尿素配合クリームやオリーブオイルが効果的です。

 

ナーブルスソープ - 角化症 - ガサガサかかと ひび割れかかと つるつるに

 

3. かかとパック

保湿した踵にラップを巻いて10~20分パックをするのもおすすめです。

 

 

4. 角質ケアをする。

踵の水分をなくしてから、スクラブで削ります。一揆に取ろうとせず、少しずつゆっくりと削ります。削りすぎると、逆に角質層を厚くしてしまいますので注意して下さい。
刺激を与えすぎず、長時間行わないことが大切です。終わった後は、すぐに保湿クリームを塗り、保湿し、必ず靴下を履きましょう。

 

 

5. サイズの合った快適な靴を選ぶ。

サイズが合わない靴を履いていると、思った以上に足裏に負担がかかり、血行を悪くします。サイズが合ったクッション性のある快適な靴を選び、外部刺激を減らすために、部屋の中でもソックスやルームシューズを履くようにしましょう。

 

 

6. 足を休める。

長距離を歩いたり、一日中立ちっぱなしだったりと刺激を受けた足は、帰宅後すぐに休めましょう。フットマッサージをしたり、足を上に上げたり、軽いストレッチをしたりして足を休め、解してあげましょう。

 

※上記の方法で保湿しても効き目がない場合、足水虫(足白癬)の可能性がありますので、必ず皮膚科に相談するようにして下さい。

パレスチナ – ガザ の電力事情

パレスチナの電力事情

先日、ガザの電力が回復との投稿をしましたが、またまた一日4時間ほどの状況に戻ってしまいました…
発電用のジェネレーターに使用するガソリンも一般家庭には大きな負担です。

相変わらず、電気の安定供給からは程遠いですね。
こうしていつも被害を被るのは一般のガザ市民です。
報道によると、電力不足のために閉鎖を余儀なくされた病院も出てきているようです。
よほど深刻なのでしょう。
治療の必要な患者さんは命の危険に晒されている状況です。

 

ガザの一般家庭の照明

上の写真はガザの一般家庭の照明です。
メインの電球の下にある 小さな二つの明かりはLEDです。
電気があるときに充電して、停電時に点きます。
とても小さいのですが、あるときに無いとでは大違いです。

 

 

日本政府へ支援を呼びかけ

先日、UNRWA(国際連合パレスチナ難民救済事業機関)の事務局長が来日。
日本政府や個人に対して支援を呼びかけています。
それもそのはず、アメリカのトランプ大統領がUNRWAへの拠出金を半分以上停止すると発表したのです。
なんというか、ガザ市民にとっては泣きっ面に蜂とでも例えられましょうか…
一方で、アメリカからのサポートありきのUNRWAなのか、と疑問も出てきます。
自治政府は、この状況をどう乗り越えるつもりなのでしょうか?

 

 

ガザに嫁いだ日本人

Scroll Up