ガザを助けるイスラエル

電気の無い生活

 

こんにちは!

ガザに嫁いだ日本人 です。

いきなりですが、皆さんは電気のない生活を想像できますか?

きっと日本にいるとそんなこと想像も出来ないと思います。(私もガザに来るまで全く想像なんてできませんでした笑)

今日はガザの電気事情について書いてみたいと思います。

 

 

電力は1日に4時間

 

パレスチナのガザでは、未だに経済封鎖が続いています。

ガザには発電所がありましたが、イスラエルにより空爆されてしまいました。

そのため、ガザ一帯をカバーできるほどの電力を発電することができません。

電気の供給時間が1日に4時間ほどの状態が慢性化。

産油国に囲まれているガザでエネルギー不足、なんとも不思議な状況です。

 

電力が1日に4時間しかないため、冷蔵庫はただの箱です。

食料品はその日に作る分をマーケットから買ってきて使い切ることが基本。

特に夏場は暑さのせいでみるみる腐ってしまいます。

そのためレタスなど葉物野菜は滅多に口にする事が出来ません。

必然的に日持ちの良いポテトや炭水化物の摂取量が増え、栄養バランスは崩れがちです。

 

ガザを助けるイスラエル

そんな状況が今年に入り一変。

なんと、イスラエルからの電力供給がはじまりました。

家族によれば、1日に9時間から12時間ほど供給される日もあるそう。

敵国であるはずのイスラエルがガザを助けている?

なんだか飴とムチの様にみえるのは私だけでしょうか。

 

パレスチナ

ガザに嫁いだ日本人

ガザに嫁いだ日本人

 

こんにちは。

ガザに嫁いだ日本人です。はい。わたくしガザに住んでいます。

ナーブルス・ジャパンさんとご縁を頂き、本日から不定期でパレスチナの様子をレポートしていくことになりました。

現地だからこそ見える事。

パレスチナで今も生活を営む人々がいること。

現地に住む一人としてパレスチナの人々の想いを少しでもお伝えしていければと思います。

つたない文章ですがお付き合い頂けるとありがたいです。

 

 

トランプ大統領のエルサレム首都認定発言

2017年10月。ハマスとファタハがパレスチナ統一政府樹立に向けて和解し、ガザは歓迎ムードに包まれました。

エジプトとガザをつなぐラファ国境が24時間開くかもしれないとの情報も流れ、ガザ市民のみならず、我々のような海外在住組のパレスチナ家族は期待を寄せていました。

 

そんな中で起きた トランプ大統領のエルサレム首都認定発言。

 

おかげでガザや西岸地区は混乱し、パレスチナ側では犠牲者も出ています。せっかくパレスチナが一つになる良い流れだったのに。
トランプ大統領にめちゃくちゃにされてしまった と言うのが率直な感想です。

 

ラファ国境の話は、今回の騒動とエジプト情勢もうけ、事実上棚上げされてしまったと落胆するガザ市民も少なくありません。
イスラエルとの国境を接するガザのバッファゾーンでは、パレスチナ人の若者とイスラエル兵による衝突も発生。

 

暴力で問題は解決することは出来ないと、双方が理解し、自制するべきだと思います。

 

ナーブルス

パレスチナ ナーブルス からお届けします!

はじめまして!
現在ナーブルスに滞在しています、Hanaです。
現在パレスチナに留学中なのですが、見学に行った石鹸工場のトゥベレさんからコスメハウスさんを紹介頂き、本日から不定期で記事を書かせていただくことになりました。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

パレスチナでは年末年始に日本のような盛り上がりはありません。
大晦日やお正月に休みがあるわけでもなく、至って普段どおりの雰囲気です。
アラブ世界で、”あけましておめでとう”と言うのは、主にラマダーン(断食月)明けなのです。

ナーブルスはとても穏やかな街です。
こちらでナーブルスソープは、近くのスーパーやスーク(アラブの商店街)で見かけることがあるほど身近なものです。
また街中やビレッジにはもちろん、わたしの家の周りにもたくさんのオリーブの木があり、パレスチナ人にとってオリーブは当たり前の存在のようです。
日本で例えるとすれば、お米のような感じでしょうか。
オリーブは8月から10月頃が収穫期で、私も10月にオリーブ狩りに連れて行ってもらい、貴重な体験をしてきました。

そして今回の写真は、ナーブルスから車で30分ほどの、セバスチアという街の丘に登り、そこに偶然倒れていた丸太を土に挿して、ナーブルスソープと一緒に撮ってみました!
実は写真の背景がナーブルスの方向なんです。
ナーブルスソープがナーブルスを一望している風になるよう、ちょっと頑張ってみました(笑)
冬空が綺麗で、気持ちよかったです。

しかしこの丘から見た風景は、ナーブルスだけではありませんでした。
なにやら複数の灯りで囲われてる場所があり不自然だったため、気になって現地の方に聞いて見たところ、それはイスラエルの敷地だということを示す灯りだと。
一見平和なナーブルスも、やはりイスラエルとの問題とは隣り合わせなのだなと、感じさせられました。

ナーブルス

ですがそのような中でも、ナーブルスソープは人々に癒しのひとときを与えるものだろうと思います。
もちろんですが、ナーブルソープを知らないというパレスチナ人は聞いたことがありませんし、肌の弱い友人も、唯一安心して使えると絶賛しておりました。
また彼女曰く、いろいろな種類があるので選べるのが嬉しいとのこと。
肌が弱い=選べない という今までの私のイメージと反した評価で驚きましたが、たしかに納得です。

そしてパレスチナは、日本に比べて空気が非常に乾燥しているので、保湿効果があるものが私にとってはありがたいです。
昔から乾燥肌ではないと自覚していたのですが、そんな私でもパレスチナに来てからは脚や頰がカサカサとしているほど。
保湿以外の効果があるものも、自分の肌の悩みに合わせて並行して使用しています。

是非みなさんも自分に合うものを探して、試して、いろいろなナーブルスソープを楽しんでください!

 

AIRAソープディッシュ

[ 日本初上陸 ] AIRA ソープディッシュ 2018年1月25日 発売開始決定

Made in USA アメリカで人気急騰中のオーガニック素材の石鹸置き AIRA が日本初上陸。

 

オーガニックソープディッシュ AIRA 販売開始は2018年1月25日より
販売サイト : https://shop.nablus.jp/ 
AIRAソープディッシュ

■製品情報■
AIRA ナチュラルソープディッシュ トウモロコシと大豆由来の石鹸置き

石鹸を乾燥させ、ドライに保つのに最適なソープディッシュ。
ケミカルフリーで柔らかくフレキシブルなバイオプラスチックは、多孔質の設計により石鹸をできるだけ早くかつ最後まで乾燥させることができ、固着をなくします。
トウモロコシと大豆由来のリサイクル可能なバイオプラスチックは、化学物質が石鹸に浸透してお肌を汚染するのを防ぎます。
AIRAブランドのソープディッシュはBPA&フタル酸フリーで、エコフレンドリー、アメリカREACH準拠の基準に基づいて作られた高品質の成分です。
デザイン&カラーも個性的なので、お部屋やバスルームのアクセントになります。

●カラー: BONE(ベージュ)/ SAGE(ナチュラルグリーン)/ RASPBERRY(ラズベリー)/ WHITE(ホワイト)/ SEASIDE(ライトブルー)/ TAN(ココアブラウン)
●サイズ:約10.5 × 7 × 1cm 約23g
●製造:Made in USA
●日本総代理店: コスメハウス合同会

公式販売サイト

■総数34種のソープディッシュ(石鹸置き)の検証を経て取り扱いを決定■

コスメハウス合同会社がメインに取り扱う「ナーブルスソープ(*) の保管に最適なソープディッシュ」を、弊社スタッフ一同探し続けていました。検証したソープディッシュ総数は全34種。
最終投票ではまさかの満場一致で決まりました。

コスメハウス合同会社全スタッフが満を持して販売を開始いたします。

 

 AIRAソープディッシュ

 AIRAソープディッシュ

 AIRAソープディッシュ

 

 AIRAソープディッシュ

 AIRAソープディッシュ

 

 

 

Scroll Up